機材について

これからパナソニックのGH5Sを買おうと思っている人へ。

どうも、マクです。

いや、ついに買ってしまいました。PanasonicLUMIX GH5S

今まで僕は5万前後のカメラで動画やら写真を撮ってたんですが、動画を作っているうちに「もっと映像のクオリティを上げたい!」という欲求が高まってしまいまして。

んで、いろいろ考えた結果カメラをアップグレードさせることにしたのです。

今回買ったGH5Sのお値段は本体だけでなんと20万円代後半。

そしてレンズやら周辺アクセサリーがだいたい全部で30数万円くらい。

60万円くらいでね、揃えました。いろいろ。

36回払いローン(無金利)で。キリッ

いやー、こんなにお金を出してしまうとは。

映像の世界ってホント怖いですね。今更ながらハマってはいけない沼に足を踏み込んでしまった気がします。

 

買ってからもう半年くらいは経つのですが、半年前はいつもカメラや機材のことを考えてました。

そしてかなり時間をかけていろいろとリサーチして、買うべきものを選びました。正直言ってかなり疲れましたが、めちゃくちゃ充実していました。笑

買い物って楽しいですよね。

そんなわけで、この記事では僕がGH5Sと一緒に買ったものとそれを選んだ理由、そして半年使ってみての実感などについて書いていきたいと思います

僕と同じようにカメラ沼にハマって買うべき機材について調べている人の参考になれば嬉しいです。

そもそも本当にGH5Sを選んで良かったのかどうか

とりあえず、GH5Sそのものに対する評価というか感想を正直に言うと、まあいいんじゃないかくらいに思ってます。

点数でいうと個人的な評価は70点くらいでしょうか。

GH5Sの今一つなところ

まず残念だと思うところから言っていきます。

 

きっとGH5Sの購入を検討委している人は他のメーカーのミラーレス一眼も視野に入れていると思います。ソニーだとかキャノンだとかのやつですね。

僕もいろいろ比較検討した上でGH5Sにしたんですが、まあ実際に使ってみて思うのはオートフォーカスの精度・速度はやっぱりソニーの技術に比べると下回ってしまうんじゃなかろうか、ということです。

よく皆さんが言われてるやつですね。

僕はそんなに動く被写体とかは取るつもりないしいいかな、と思ってそのあたりの性能は気にしないことにしてたんですが、やっぱりいろいろ撮ってみるとオートフォーカスの性能はめちゃくちゃ大事だと思うようになりました。

GH5Sはオートフォーカスの性能はなんかこう、痒いところに手が届かない感じなんですよね。

人物を撮っているときはもちろんのこと、料理動画とかを撮っているときも「うーん」という残念な気持ちになることがあったりします。

まあ自分で撮り方や設定を工夫すればけっこうカバーできるんですが、できるならそういうところ以外に気を回したい、というのが本音です。

知り合いのソニーの同グレードのaps-c機を触らせてもらったときは、軽く感動しました。

そうそう、そこでピントを合わせたいんだよ~わかってるねぇ、それに引き換えうちのGH5S君は、、、みたいな気分になります。

あと、僕はそこまで気にならないのですが、レブレ補正が本体についてないっていうのも残念な点の一つと言っていいと思います。

GH5Sのいいところ

いいところは

  • バリアングルモニター
  • 10bit対応
  • ユーザーが多い(トラブルシューティングが豊富)
  • ルックスがいい(個人的な好み)
  • 暗いところの感度がいい

こんなところでしょうか。もちろん映像がすごくキレイに撮れます。

モニターがバリアングルっていうのは色々撮りたいと思っている人にとっては、本当に大事。

あとは夜景とか夜の撮影に強いのもありがたいです。僕は結構、夜の風景も撮りに行ったりするので。

そうじて、GH5Sはオートフォーカスだけ不満があるものの、僕にとってはとてもいいカメラです。

撮りたい感じにちゃんと撮れる。

GH5Sと一緒に買ったレンズ

GH5Sは残念ながらレンズキットは売っていないので、自分でレンズを選んで買う必要があります(レンズキットあればいいのにね)。

僕はいろんなブログを読んだり、参考動画を見たりして、以下の3つのレンズを買うことにしました。

パナソニック ズームレンズ  LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060

これはPanasonicの標準ズームレンズってことでひとまず買っておくことにしました。

12-60mmでF2.8からなので、これがあればだいたい事は足ります。

「何はさておきとりあえずこれは買っておけ」的なレンズですね。

Panasonicが出してるレンズはいくつかあるんですが、名前にVARIO-ELMARITっていう単語が入っているやつはハイグレードなやつのようです。

  • 防塵防滴
  • 手ブレ補正有り
  • 色味やボケがきれい

っていうメリットはわりとでかいかなーと。

フィルター系は62mm。その他の詳細を知りたい人ははPanasonicの公式詳細ページで確認してくださいね。

ちなみにこれ↓がこのレンズを買うときに参考にした動画です。

瀬戸弘司さん、面白くて好きです。

パナソニック LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0 ASPH.

これは最初に紹介したレンズと同じPanasonicのVARIO-ELMARITシリーズのもので、超広角タイプのやつ。

広角なので、ワイドに撮れます。僕は道を歩く動画とか撮りたいと思っていて、そういう映像の画角はワイドのほうが好みなので広角レンズをひとつ買いました。

これと同じ様なスペックのレンズは他のメーカーからもいくつか出てたんですがなぜこれにしたかというと、色々動画を見て比較した結果、一番好みな感じだったから(とても感覚的なものだけど)。

カメラやレンズ選びってわりと自分の感覚に合うものを選ぶのが大事なんじゃないかと僕は思ってます。

まああとは、Panasonic純正のものだし、間違いないんじゃないかなーと。

実際すごくいい画が撮れます。

ちなみにフィルター経は67mm。その他の詳細は公式ページで確認してくださいね。

そして参考にした動画はこれら↓。

パナソニック LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 II / POWER O.I.S.

これは望遠レンズですね。

僕は望遠レンズを持ったことがなかったので、どういう風に使うかあまりイメージは湧いていないんですが、この際だから望遠も買っちゃおうかな、ということで。

先に紹介した2つのレンズとは違って品名にELMARITはついてません。つまりグレードが一つ下がってます。

どうせならELMARITが名前についたLEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.が欲しかったんですが、ちょっとお値段が高すぎて、さすがにイメージがぼんやりしたまま買うのはためらわれました。

といってもこれも5~6万するし、十分高いんですが。

ボケを多くしたいときに使おうかなと思ってます。

フィルター経は67mm。他の詳細は公式ページで!

ちなみに参考動画はこれ↓。

GH5S生活を快適にするために一緒に買ったもの

カメラ生活の始まりは本体とレンズを買っただけで終わりではありません。

カメラビギナーにとってはむしろそこからが本番。

カメラ選びの苦しみを抜けたあとは、周辺機材選びの地獄が僕たちを待っているのです。

いや、ホントここが一番時間かかって大変でした。

高いお金を出して失敗したくなかったので、かなり調べた上で以下のようなものを僕は買いました。

SDカード SanDisk サンディスク Extreme Pro SDXC 128GB

GH5Sで4kの綺麗な映像を撮りたい場合に気をつけなくてはいけないことはSDカードの容量と、書き込み速度です。

僕もよく知らなかったんですが、SDカードはただ大きいギガ数のものを買えばいいっていうわけではないんですね。

書き込み速度の遅いものだと、スムーズに録画できなかったり、録画形式に制限がかかってしまうようです。

そうなってくると、結構高いSDカードを選ばないといけないんですが、いろいろ調べた結果、これにしました。

V30のしかも輸入品のこいつでも、特にストレスなく使えてます。

比較的安いし、SDカードにお金をかけたくない人は結構いいんじゃないかと思います。

外付けのマイク RODE ロード VideoMic Pro+

僕は結構音にこだわる方なので、前はカメラで動画を撮影したものに、外部のレコーダーで録音した音を貼り付けてました。

前のカメラはだいぶマイク端子がなかったので。

でもそれって編集するときすごく手間がかかってしょうがなかったんですね。

だからGH5Sを買ったら音も一緒に録音してしまおうと心に決めてました。

マイクもいろいろ悩んで、聴き比べてみたんですが、RODE ロード VideoMic Pro+はミッドと低域の感じが落ち着いていて一番好みだったのでこれにしました。

ちょっと高いですけど、まあ良いと思ってます。

参考動画はこれ。

GH5Sをストレスなく身につけるためのカメラストラップ、ピークデザイン

created by Rinker
ピークデザイン
¥8,318 (2021/09/17 03:57:00時点 Amazon調べ-詳細)

カメラストラップはいろいろ種類があって、だいたい見た目派か機能性派かで好みが分かれるようです。

  • 見た目派=皮のストラップや可愛い柄のものを好む
  • 機能性派=カメラの着脱のしやすさや掛け心地を重視する

こんな感じですね。

僕は見た目も重要ですが、どちらかというと機能性を重視しました。

僕はスタビライザーを使ったり手で持ったりいろいろなやり方で撮ってみたいので、着脱のしやすさをまず第一に考えたです。

そしたらピークデザインのこのストラップが一番良さそうだったんですよね。

実際に買ってみたらデザインもシンプルで無難だし、作りも良いし、何より着脱が簡単でとても快適です。

外に持ち歩くときはかならず付けていってます。

あとは値段がもう少し安かったら言うことなかったんですが、まあ良いものが高いのはしょうがないのかもしれません。

 

ちなみにこのストラップのシリーズは3種類くらいの太さがあって、僕が買ったものより細いもの(スライドライト)と更に細いもの(リーシュ)があります。

値段も細くなるにつれて安くなる。

でも僕は太いほうが肩に優しいのを知っているので、あえて一番高いほうにしました。

肩こりとかあんまり気にしない人は細い方でも良いのかなと思います。

レンズを保護するための保護フィルター

レンズはガラスです。

ガラス=傷つきやすい=保護しといたほうがいい

こんな式が成り立つわけですね。

一瞬の不注意で10万近くするレンズがお陀仏になるのはちょっと悲しすぎます。だからなるべくそんな悲しいことが起こらないようにしたい。

そう思ってこれを買いました。

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mmのフィルター経は62mmなのでこれ。

LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mmとLUMIX G VARIO 100-300mmのフィルター経は67mmなのでこれを買いました。

2つともそれぞれ5000円くらいするんですよね。

高いよ。

保護フィルターってこんな高いのかよ、と僕は思いましたとも。

もっと安いやつもあるにはあるんですけどね、安すぎると色味とかそういうのが悪くなるというもっぱらの口コミが多かったので、高くていいやつにしました。

映像のクオリティアップを求めてカメラ一式を買ってるのに、そこを下げてしまったら元も子もないかなと思いまして。

でも買ってから判明したんですが、プロの人達は保護フィルターさえつけないひとも多いそうです。

そっちのほうがいい写真撮れるかららしい。

フィルター一枚でそんなに変わるものなんだろうか。

でも僕は怖いので外に持ち出すときはつけるようにしてます。

とっても便利な可変NDフィルター バリアブルNDX II

僕は動画を撮るとき、自然な動きのブレ感を出すために、だいたいフレームレートの2倍位のシャッタースピード(60とか120とか)で撮っているんですが、そこで固定すると、特に日中の野外とか必ず白飛びをしてしまうんですよね。

かといってシャッタースピードは変えたくない。

そういうときに重宝するのがレンズにつけて光の量を減らしてくれるNDフィルターなんですが、これもフィルターの種類によって光の減少量が決まっているので、その時の状況でいちいちフィルターを付けかないといけないわけです。

とてもめんどくさい。

でも可変NDフィルターは光の減少量を調節できるので、付け替える手間がいらない。

すごく便利。

屋内の撮影でも日光を入れると白飛びするのでNDフィルターは必須なんですよね。だから料理動画を撮るのにも必要。

つまり僕にはすっごく必要なものなのです。

だから買いました。

めっちゃ高かったけど、買ってよかったと思ってます。

比較動画↓を色々見たけどやっぱり高いやつは画が綺麗に撮れるんですよね。

 

ただ、野外の撮影がメインで、NDフィルターは二枚以上重ねたくない、という人は野外に適したものを最初から買ったほうがいいかもしれません。

僕が買ったやつは上限がND450までなので。

 マンフロットのクイックシュー

created by Rinker
マンフロット
¥4,546 (2021/09/17 02:24:17時点 Amazon調べ-詳細)

カメラを三脚やスタビライザーに固定するときって普通は結構時間がかかるんですが、パパッと撮りたいときはいちいちネジを回して付け替えるのがストレスになったりします。

でもこのクイックシューを使えば装着と着脱が「カチャッ」と一瞬でできるんですよね。

これは本当に便利ですごく効率が上がる。

料理を撮っていてアングルを変えたいときは別の場所に立てておいた三脚に載せ替えればいいし、屋外の撮影でもスムーズにスタビライザーに装着できます。

撮りたいイメージが湧いたらすぐに撮れるってかなり大事だと思うんですよね。

クイックシューは本当に必需品です。

 

ちなみにこのマンフロット規格のクイックシューはもっと安い互換製品があります。

僕はとりあえず純正のもので揃えてみたんですが、後日半額以下の互換品を買ってみたらそっちも全然悪くなかったです。

スタビライザーには純正品を付けて、使用頻度の低い家用の三脚には互換品を付けてます。

スタビライザー。RONIN SC

料理動画だけなら別に動かなくてもいいんでいらなかったんですが、道を歩く動画が撮りたくなったので買いました。

GH5Sを持って動きながら撮影するなら、僕はスタビライザーは必須だと思ってます。

なぜならGH5S自体には手振れ補正はついてないからなんですね。GH5にはあったんですが、いろいろな機能と引き換えにGH5Sにはなくなったようです。

スタビライザーを使うと移動しながら撮ってもブレがおこらず、ヌルっと滑らかな画が撮れます。

スタビライザー選びもわりと時間がかかったんですが、最終的に僕は軽くて機能も豊富なRONIN SCを買いました。

他のメーカーのものと比較してみて、取り回しのしやすさやその軽さが魅力的でした。

外での撮影ってほんとに軽さと持ち運びやすさが重要になってきます。

参考にした動画はこれ。

 

スタビライザーはあると何かと便利なのでおすすめです。

15インチのPCが入る?カメラ用バックパック。Manfrotto カメラバック MA2 ファスト バックパック

リュック選びもかなり時間かかりました。

というのは僕の欲しいスペックのものがわりとなかったから。

  • 15インチのWindowsPCが収納できる
  • カメラが上からでも横からでも取り出せる
  • 頑丈である
  • 大きすぎず、小さすぎず
  • 腰用のベルトがある
  • デザインがシンプル
  • 高すぎない

こんな感じのが欲しかった。

 

でもこれが本当になかった。

まじで本当に条件に合うのがなかった。

 

毎日リュックを探し求めては「これもちがう」「あれもちがう」とフラフラになってたんですが、ついにこれいいんじゃない!?と見つけたのがロープロのフリップサイド 400 AW Ⅱ

created by Rinker
ロープロ(Lowepro)
¥17,960 (2021/09/16 11:46:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

でも買って、届いた商品に15インチPCを入れようとしたら入らなかった。

もうぜんぜん、まったく入らない。

 

商品説明にはバッチリ入るって書いてあったのに、、、!

 

実際には13インチくらいまでの余裕しかなかったと思う。

僕のショックの大きさたるや。。。

 

購入したビックカメラに返品しようとすると「一度梱包をといた商品は返品不可」と丁寧に言われましたが、15インチが入るって書いてあったから買ったのに入らなかった。これはそちらの商品ページの説明に責任があると思う、と言って粘ったら、最終的にはなんとか返品を受け付けてもらうことができた。

こっちは血眼になって探してるんだから、スペックは正確な情報にして欲しいよ。

とプンプンしながらもう一度探して見付けたのが、今回買ったマンフロットのファストバックパックです。

このリュックは僕の希望条件の「腰用ベルトがある」を満たしてなかったんですが、他は全てオッケーだったので、買いました。

 

でも結論から言うと、こいつも15インチのWindowsPCは入らなかった・・・!!

 

でももう、探すの疲れたんで、返品せずにこれでいいやって使ってます。

使い心地はとてもいいので。

今の所、パソコンを持っていくこともあまりないし。。。

 

メーカーの言うインチって、あれは全部マックのノートパソコン基準で言ってますね、あれは。

Windowsに当てはめて考えてはいけません。

寸法的にギリギリオッケーそうに思えても、実際はジッパーの部分が考慮に入れられてなかったりするので、けっこう余裕を見たほうが良いです。

GH5Sをしっかり支えてくれる三脚。Manfrotto PIXI EVOと190go! アルミニウム三脚4段

GH5Sは結構重たいので、三脚も耐荷重に余裕のあるものを選んだほうが良いです。

僕の場合はマイクもつけると1.5キロくらいにはなるので、最低でも2キロ基準で選びました。

買ったのは2つ。どちらもManfrottoのやつです。

なんか結局Manfrotto製品が多くなってしまってます。

PIXI EVOは卓上三脚として、低いアングルから撮るときに重宝してます。

190go!は普通の三脚としても使えるし、何より俯瞰で撮れるモードもあるので、すごくいい(真ん中の棒がガッチャンって横になります)。

 

GH5Sを買った当初は今まで使っていた割と安めの三脚を使っていたんですが、撮影中にカメラの重量に耐えきれずに転倒しそうになったので、三脚の重要性を痛感して買ったのです。

みなさんも三脚はしっかりしたものを買うのがおすすめです。

 

ちなみに190go!はカーボン製のやつだとかなり軽いですが(でも高い)、アルミニウムでもあんまり重たいと僕は思いません。

一般的な男性の筋力ならアルミニウムで十分じゃないかと思います。

 

HOKUTOの防湿庫

created by Rinker
アイポー
¥9,280 (2021/09/16 13:03:06時点 Amazon調べ-詳細)

一応高価な機材なので、保管にも気を使うことにして買いました。

湿気で機材を駄目にしたくないですからね。

僕が買ったこのサイズは、本体、レンズ4つでちょうどいっぱいな感じです。

もう一回り大きいのを買えばよかったかなと思いますが、余裕があるともっとレンズを買ってしまいそうなので、これくらいでよかったかも。

使い心地は普通というか、特に問題はなく使えてます。

 

レンズの手入れ用のTycka 9点セット カメラクリーニングキット

レンズは使っているうちに汚れるので、これを使って定期的に掃除しています。

こいつのいいところはコンパクトなので、外で撮影するときにも持っていきやすいところですね。

外の撮影の途中でレンズが汚れてしまっても安心です。毎回持ち歩いています。

 

カメラは楽しい

とまあだいたいこんなところでしょうか。

あと細かいものはいくつかあるのですが、すごく迷って検討した結果、購入したものはこんな感じです。

今は特にストレスを感じることもなく楽しいカメラライフを満喫しております。

GH5Sを使ってチャレンジしたい事はまだまだたくさんあるので、元を取るまでGH5Sにはがんばってもらわにゃ。

RECOMMEND

1

いつものようにTwitterを見ていたら気になるレシピを見つけた。 料理家の山本ゆりさんが紹介していた「旨だれ冷やし油うどん」だ。 われわれ夫婦はうどんには目がない。三食うどんでもまったく問題ないくら ...

レンジ無水キーマカレー 2

レンジ無水キーマカレーの材料と作り方 豚挽肉160g、玉葱1/2個、おろしにんにく1片、トマト缶半缶、ウスター小1、砂糖小1、塩胡椒入れ、よく混ぜて ジャワカレー中辛2個とバター10 g入れ ラップし ...

ヤオコーは僕たちの天国なのだ 3

突然だけれど、みなさんは「ヤオコー」というスーパーをご存知だろうか? もしかしたら知らない人のほうが多いかもしれない。なぜならヤオコーは関東方面を拠点にするスーパーだからである。 2019年7月現在で ...

-機材について

Copyright© ふうふうごはん , 2021 All Rights Reserved.